c a l e n d a r
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
a r c h i v e s
c a t e g o r i e s
MOBILE
qrcode
会場展示の様子


いきなり紙芝居からのご紹介でしたが、もちろん会場にもアートが展示されています。


まず和室を入ってすぐの壁には、uniさんの「日々と島のねこ」写真展。



こちらは島のねこちゃんたちですね。洋間の方には街角のねこちゃんたちの展示でした。
愛くるしいコたちに「萌え〜」と身悶えする方も多かったです。


和室の飾り棚には、常見可奈子さんの作品「Evolution of Life」。



少し暗めになっているこの飾り棚が幸いして、ほの青い光が際立ち、とても幻想的な雰囲気が出ていました。
この少し濃い目の木の色と銅が微妙にマッチして、異素材ですが合ってましたね。じっくり観ている方が多かったのが印象的です。

そのお隣の床の間には、山中みゆきさんの落枝人形と、ぼち亀さんの豆ピンの作品「流れ、流れて緑橋」。流木をつかった一大スペクタクルでしたね〜。浪曲師というところが、この燈にぴったりでした。



そういえば、来られた方に「よく町家でのアート展示は作品と場所の雰囲気がちぐはぐになるけど、今回はすごく良く合ってますね」と言っていただき、すごく嬉しかったです。確かに、みなさんの作品がすーっと馴染んで違和感なかったんですよね。


そして土曜日は脈診もあったのですが、これが大人気!



前日に全て予約で埋まってしまい、当日来られた方はお断りせざるを得ませんでした。申し訳ありません。脈診の和人さんはいろんなイベントで脈診をされているので、気になった方はぜひ和人さんのブログへ。

| 第一回緑橋文化祭の様子 | 10:45 | comments(0) | - | pookmark |
緑橋文化祭の様子/絶叫紙芝居


お待たせしました!

今日からは緑橋文化祭の様子をレポートしていきたいと思います。
街角はもうクリスマスや年末モードですが、しばし先週末の余韻を楽しみつつ....おつきあいくださいね。

あいにくの雨で寒い朝を迎えた8日。
スタッフは9時に集合して設営です。作品を展示したり、看板、サイン等を設置、お茶沸かしたり掃除機かけたりバタバタ。あぁもうあと15分!などと言ってる間に、文化祭スタートです。

オープニングで華々しくする予定だった書パフォーマンスが雨で延期になり、1時からの紙芝居はどうかなぁ...と思っていたら、いきなりすごい人!



あっという間に和室がいっぱいになりました。


記念すべき第一声は、加奈さんの絶叫紙芝居!



外の寒さもなんのその、会場は熱気むんむん。そんな中に加奈さんの絶叫が響きわたり、なんと階下のお店にまで聞こえていたそう。不思議な加奈さんワールドに引き込まれていくお客さんたち、あっけにとられた顔が笑顔になっていくのを見るのも面白かったりして。



加奈さんとむすびさんのコラボ紙芝居のあとは、むすびさんの公演です。

今日はオリジナルの「ぶんちゃんの冥土めぐり」。
おさげのおじいちゃんが、かわいくて面白すぎます。
一生懸命台本を読むおじいちゃん、忘れてちょっとちょっと、と肩をたたかれるおじいちゃん、途中で役が変わって勝手にカツラを取り替えられるおじいちゃん、もう可笑しくてたまりません。



実は林加奈さんは紙芝居師として、以前からむすびさんのアドバイザー的存在なのです。
私たちにとってもこの二組のコラボは貴重!だったんですが、加奈さんもむすびさん達にも初めての機会で、とても喜んでいただけました。

むすびさんのブログにも緑橋文化祭のことを書いていただいています。
そちらもあわせてご覧くださいね。→むすびプロジェクト

※一部写真はuniさんに提供していただきました。
| 第一回緑橋文化祭の様子 | 18:38 | comments(0) | - | pookmark |
<< | 2/2PAGES |