<< 今週末はカルペディエム市! | main | あかりでハプン!_ペットボトルいろいろ工房 >>
あかりでハプン!_へんなこと研究会
みどりばしぶんかさいの三週目、カルペディエム市も先週無事終わり、再び「あかりでハプン!」の振り返りブログです。
2日間ワークショップが開催された、「へんなこと研究会」と「ペットボトルいろいろ工房」。

今日は犬飼美也妃さんのパフォーマンスアートワークショップ「へんなこと研究会」のレポです。
これは、芸術の一部門としてパフォーマンスアートを知ってもらう、その入門編として犬飼さんが取り組まれているワークショップ。今日はハロウィンですが、これは仮装大会ではありません!(笑)

最初に犬飼美也妃さんのお手本。



彼女のライフワークでもある「すってはいて」いろんな人の息を集めてドレスに貼付けています。



さまざまな体勢でその息を全部大気に返す、というパフォーマンス。
背景には世界中のパフォーマンスアーティストのパフォーマンス写真が展示。こちらも子どもたち興味津々!



続いては昨年もこのワークショップをずっとやっていた常連の女の子たち。ボランティアスタッフの郷ちゃんを引き込んでのパフォーマンス。



盛り上がってきました!まだまだ止まりません。手前の彼はスタンバイ中?



今度はペットボトルワークショップ中の種池徹さんをひっぱりこんで、飛んだり跳ねたり。何度も「やりたい!!!」と言うRちゃん。このあと何度もソロパフォーマンスをやってましたね。



お母さんと一緒に衣装を考えてた彼は、本番は恥ずかしくて出れず!
 


最年少パフォーマンスアーティスト?!2歳の彼女は立派に「へんなこと」をやり遂げました!



2日目はギャラリーが多い!こどもたちも真剣に見ています。



あさゆうのほりおみわさんと小学生の女の子のペアパフォーマンス。



ママと一緒に「へんなこと」楽しいね!



お母さんも挑戦しますよ!このあと娘さんの出番。



その娘さんはパフォーマンスに使う小道具を手作り中!



女の子三人組も物色中。一度やるとどんどんやりたくなるのがこのワークショップの魅力。



なにやら作ってます。(これ2回目)みんなの前で堂々と発表する子たちにお母さん方も「うちの子こんなことできたんや〜」と驚きの表情。



遊びに来てくれた美術家、池上純子さんも。ねえさん、さすがの存在感です!



やってみようかな、やりたいな、とずっと言いながらしなかった男の子、ワークショップが終わってからこっそりパフォーマンスしてました^-^



こちらは2日間お手伝いをしてくださった、アーティストのわたるさん。わたるさんの声のパフォーマンスは隣のブースの人が見に来るほど人気!



トリはふたたび、犬飼美也妃さんです。大人のへんなことを見たこどもたちが、またいろいろ考えてパフォーマンスをする。
そんな思いのバトンが渡されている感じがしました。みなさんありがとうございました!

さて、この犬飼美也妃さんの「へんなこと研究会」は前述の通りパフォーマンスアートのワークショップなのですが、「もっとやってみたい!」「もっと見てみたい!」という方に朗報です!
11月9日,10日に大阪でニパフ(日本国際パフォーマンスアートフェスティバル)のワークショップがあります。

どなたでも参加できますので、興味のある方はぜひ!
日本のパフォーマンスアートの第一人者、霜田誠二さんから直接ワークショップが受けられます。
詳細は下記にて。気軽にお問い合わせください。

ニパフ
パフォーマンスアートワークショップin大阪(facebook)
| 緑橋文化祭2013 | 09:42 | - | - | pookmark |