あかりでハプン!2日目_おひさま写真&モツゴのぼり
さて、あかりでハプンから早くもひと月あまり、最後のレポートになりました!
2日目のワークショップ、写真家・辻村耕司さんの「おひさま写真」と東成区未来わがまち推進会議1班さんの「モツゴのぼりを作ろう」です。


 
いつもモファやみどりばしぶんかさいの記録写真を撮影してもらっている辻村耕司さん。「おひさま写真」は特殊な感光紙の上にいろんなものを載せて日光で感光し、影を写し取るというもの。
 


薄い黄色の紙が感光紙。黒い紙に挟んでワークショップ前に感光しないようにしています。
黒い紙をひらいて素早く置かないと、3分〜5分であっという間に感光しちゃう!
 


こんな風に白くなってきたら、感光完了。



ガラスのおはじきやお皿など、透け感のあるものは影に濃淡が出てきれいなんです。
 


赤ちゃんの足を載せるお母さん!いい記念ですね〜
 


感光したら、熱を加えます。アイロンをかけると影が青く浮かび上がります。どうなってるのーー!?と興味津々。
一度やると要領がわかって何度もやりたくなって、感光紙を丸めてシワをつけてみたり、子どもたちのアイデアがどんどん出てきます。
 


色を塗ったりハサミで切ったり、という工作とはまた違った、不思議な実験感覚のワークショップでした!
 
最後は昨年から参加下さっている「モツゴのぼり」東成区未来わがまち推進会議1班のみなさんです。
 

地元を流れる平野川に生息する「モツゴ」という魚をモチーフに、モツゴのぼりをつくろう!というワークショップ。
平野川にモツゴという魚がいるということを知るところからワークショップは始まっています。

 
ピンクや水色、好きな色の布に描きます。



彼は黄色い布に大好きなドクターイエローを!

 


たくさんできたモツゴのぼりは、東成区のイベント等で実際に平野川上にたなびくんですよ!



こんな感じです!機会があればぜひ見に行って、自分の作品を見つけてみてくださいね。
2013年のみどりばしぶんかさい「あかりでハプン!」のレポは以上です。お付き合いありがとうございました!
| 緑橋文化祭2013 | 17:55 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!2日目_かわをつくろう
さて、あかりでハプン!2日目レポ続きます。今日は池田朗子さんのワークショップ「かわをつくろう」。



燈の前のグリーンロードを使っての開催です。



燈の前のこの道路、グリーンロードは昔まさに川が流れていたんです。千間川(せんげんがわ)と言い、今里筋と交わるところに碑も立っています。今は「緑橋」という地名は駅名のみですが、この千間川に緑橋が掛かっていたんですね。
 


ワークショップは、長いロール紙に手や足やスポンジなどを使って好きにペイントしよう!というもの。



こどもたち、ためらいなくどんどんペイントしていきます。服が汚れないように、みんなにビニール袋ドレスを着てもらいました。



足でもペタペタ!



カラフルになってきました!
 


あっという間に埋まり、描いた分を延ばして乾燥中。



さらにペタペタ。もう夢中。
 


手にも塗ったよ〜!
 


こちらの女の子2人は顔までぬりぬり。
お母さんのカメラの前でポーズ!



​この日は暑かったので、手足を洗うのも気持ち良さそう。



赤ちゃん、浸かっちゃいました...可愛い!
 


乾いた「かわ」に、今度はクレパスでお絵描き!時間差でたっぷり楽しめました。こんな大きな紙に、汚れも気にせず遊び描きできるのは野外のワークショップならでは。みなさんありがとうございました!

ワークショップ講師の池田朗子さんは、写真の切り起こし作品などで活躍されているアーティストさん。ワークショップも数多く開催されています。
池田朗子さん
http://ikedaakiko.net/

また、緑橋のオリジナルネオンサイン工房、マヴァリックさんとこのお嫁さんでもあります!
オリジナルネオン管工房 マヴァリック
http://www.neon-maverick.com/

今、ちょうど梅田阪急百貨店の1階コンコースのウィンドウに、マヴァリックさんのネオンが設置されています。ぜひ見つけてみてくださいね。
| 緑橋文化祭2013 | 12:15 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!2日目_いもばんづくり
あさゆうさんのライブが終わるころ、こちらのワークショップも始まりました。木版画家ふるさかはるかさんの「いもばんづくり」



昔から「いもばん」と言いますが、芋の中でもさつま芋がハンコに最も適しているみたいですね。じゃがいもだとでんぷんが出過ぎるとか、粘り気があるものも向かないですしね。



輪切りのさつま芋をひとつ取ったら、大きさをトレースして作りたい模様を考えます。模様ができたら芋に転写して、彫刻刀で彫ります。慎重に...



ハロウィンが近いからか?彼女はかわいいオバケのいもばんを作るみたいですね。ハンコにしたいところを残して、まわりを彫るんだよ〜
 


​彫れたら、さつま芋に絵の具を塗ります。好きなところに好きな色を塗って...



ポストカードにぎゅっと押す!



いもばんを上げるとどんな絵が出てくるかな?



上げる瞬間が楽しみ!
 


小さい子はお母さんと一緒に。



もっと小さい子は「押すだけ」体験!いもばんがくっついた〜



子どもたちはもちろん、おとなの方にも「懐かしい〜!」と大盛況のいもばんづくりでした!

いもばんづくりのワークショップをしてくださった、木版画家のふるさかはるかさんは「空中山荘」という素敵な名前の木版画アトリエを運営されています。水彩木版画教室やワークショップもされていますので、興味のある方はぜひ!
 
木版画アトリエ 空中山荘
*11月15日からは展覧会&ワークショップもあるようですよ。
 
空中山荘 生徒作品展「暮らし ときどき 木版画」
2013年11月15日(金)〜17日(日)12:00〜19:00
会場:ミリバールギャラリー(大阪市西区立売堀 1-12-17 artniks bld.2F)
年賀状ワークショップもあるようです!詳細は下記まで
| 緑橋文化祭2013 | 12:39 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!2日目_あさゆう
すっかり11月に突入!ですがまだまだ振り返りは続きます。
ようやく2日目のレポです。まずは11時のオープニングを飾る、あさゆう「おと、ことば、そしてうた...」。



毎年来ていただいてるあさゆうの小野あづみさん(左)とほりおみわさん(右)、いつもかわらず姿も声も美しい!
まずは自己紹介をハーモニーにのせて♪



あさゆうさんは、声はもちろん、DTM、ギターや手作り楽器を使って「おんがくのスケッチ」を描くというツインボーカル音楽団。あかりでハプン!では絵本を楽しく読んだり、こどもたちと一緒に手作り楽器を鳴らしたり、五感全体がほわ〜んと心地良くなる時間です。
 


楽しげな音に惹かれて人が増えてきました。それにしても良いお天気!
 


いろんな楽器もとびだして...
 


パフォーマンスアーティストのわたるさんも踊り出す!
そして出番が終わったあとは、全てのワークショップに参加してがっつりイベントを堪能してくれるお二人も素敵です。ほんとに気さくでノリノリ♪



そんなあさゆうさんのライブが今月末あります!

「♪ LIVE・おんがくのスケッチ 2013秋 」
11月24日(日)@大阪中崎町CommonCafe
詳しくはこちら
秋の夜長にあさゆうさんのハーモニーをぜひ♪
| 緑橋文化祭2013 | 09:40 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!_ペットボトルいろいろ工房
あかりでハプン、今日も2日間ワークショップをしてくださった種池徹さんの「ペットボトルいろいろ工房」です。
 
ちなみに今年のみどりばしぶんかさい「あかりでハプン!」のチラシの写真は、昨年の種池さんのワークショップ「緑橋をつくろう」でした。
 


事前の仕込み。通常の透明なペットボトルでは色がのりにくく発色が悪いので白を下地に塗るそうです。
 


ここは子どもたちが途切れることがありません。一周回ってまた描きにくる子や、立て続けにいくつも描く子などさまざま。



ん?なにやら靴の数と子どもの数が合わないですが....
ちなみに奥のテントはベビールーム。赤ちゃんの授乳やお昼寝用の小部屋として使ってもらおうと毎年作っています。声がするのでのぞいてみると、、


食べ物持ち込んでひそひそ話中?子どもって狭い場所が好きですよね〜。
 


​混み合ってきたので、テント内も開放して制作ルームに。



何にも言ってないのに、色使いや塗り方はほんとにその子それぞれ。彼女はオレンジ色に凝ってますね。



こちらはまぜまぜに夢中!



カラフルなボトルがたくさんできました!スタッフで山ほど集めたペットボトルも全部売り切れ〜
みなさんご参加ありがとうございました。

 
| 緑橋文化祭2013 | 21:11 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!_へんなこと研究会
みどりばしぶんかさいの三週目、カルペディエム市も先週無事終わり、再び「あかりでハプン!」の振り返りブログです。
2日間ワークショップが開催された、「へんなこと研究会」と「ペットボトルいろいろ工房」。

今日は犬飼美也妃さんのパフォーマンスアートワークショップ「へんなこと研究会」のレポです。
これは、芸術の一部門としてパフォーマンスアートを知ってもらう、その入門編として犬飼さんが取り組まれているワークショップ。今日はハロウィンですが、これは仮装大会ではありません!(笑)

最初に犬飼美也妃さんのお手本。



彼女のライフワークでもある「すってはいて」いろんな人の息を集めてドレスに貼付けています。



さまざまな体勢でその息を全部大気に返す、というパフォーマンス。
背景には世界中のパフォーマンスアーティストのパフォーマンス写真が展示。こちらも子どもたち興味津々!



続いては昨年もこのワークショップをずっとやっていた常連の女の子たち。ボランティアスタッフの郷ちゃんを引き込んでのパフォーマンス。



盛り上がってきました!まだまだ止まりません。手前の彼はスタンバイ中?



今度はペットボトルワークショップ中の種池徹さんをひっぱりこんで、飛んだり跳ねたり。何度も「やりたい!!!」と言うRちゃん。このあと何度もソロパフォーマンスをやってましたね。



お母さんと一緒に衣装を考えてた彼は、本番は恥ずかしくて出れず!
 


最年少パフォーマンスアーティスト?!2歳の彼女は立派に「へんなこと」をやり遂げました!



2日目はギャラリーが多い!こどもたちも真剣に見ています。



あさゆうのほりおみわさんと小学生の女の子のペアパフォーマンス。



ママと一緒に「へんなこと」楽しいね!



お母さんも挑戦しますよ!このあと娘さんの出番。



その娘さんはパフォーマンスに使う小道具を手作り中!



女の子三人組も物色中。一度やるとどんどんやりたくなるのがこのワークショップの魅力。



なにやら作ってます。(これ2回目)みんなの前で堂々と発表する子たちにお母さん方も「うちの子こんなことできたんや〜」と驚きの表情。



遊びに来てくれた美術家、池上純子さんも。ねえさん、さすがの存在感です!



やってみようかな、やりたいな、とずっと言いながらしなかった男の子、ワークショップが終わってからこっそりパフォーマンスしてました^-^



こちらは2日間お手伝いをしてくださった、アーティストのわたるさん。わたるさんの声のパフォーマンスは隣のブースの人が見に来るほど人気!



トリはふたたび、犬飼美也妃さんです。大人のへんなことを見たこどもたちが、またいろいろ考えてパフォーマンスをする。
そんな思いのバトンが渡されている感じがしました。みなさんありがとうございました!

さて、この犬飼美也妃さんの「へんなこと研究会」は前述の通りパフォーマンスアートのワークショップなのですが、「もっとやってみたい!」「もっと見てみたい!」という方に朗報です!
11月9日,10日に大阪でニパフ(日本国際パフォーマンスアートフェスティバル)のワークショップがあります。

どなたでも参加できますので、興味のある方はぜひ!
日本のパフォーマンスアートの第一人者、霜田誠二さんから直接ワークショップが受けられます。
詳細は下記にて。気軽にお問い合わせください。

ニパフ
パフォーマンスアートワークショップin大阪(facebook)
| 緑橋文化祭2013 | 09:42 | - | - | pookmark |
今週末はカルペディエム市!
さて、「あかりでハプン!」の報告を一旦お休みして、今週末のイベントのお知らせです。

みどりばしぶんかさいは、あかりでハプン、シネパラード+Dと2週連続開催してきましたがいよいよ最終週!この土日は「カルペディエム市」です。世界中の旅人が集う異文化交流の家、カルペディエムさんで蚤の市が開催されます。



カルペディエムさんは、宿泊客の90%以上が外国人の方というゲストハウス。300坪の敷地内には日本庭園が広がり、客室は純和風。ゲストハウスの他、お茶会(茶室もあります)やイベントも開催されています。オーナーご夫妻はフランスと日本を行ったり来たりだそうで、蚤の市の内容も期待が膨らみます〜!この日はフレンチカフェも楽しめるそう。
また、フランス人の御主人がアーティストの草間彌生さんと親交があり、昨年は国立国際美術館の展覧会にあわせて、なんとこの日本庭園でプライベートインスタレーションを展示!併設のギャラリーでは草間さんのコレクションを見る事もできます。

​カルペディエム市には、先日シネパラード+Dを開催された♭さんや、緑橋のネオン工房、マヴァリックさんも出店されます!フードもありますよ♪ほかには雑貨、手作り品、お土産物などなど...ぜひ気軽に遊びに来てくださいね!


カルペディエム市
​日時:10月26日(土)27日(日)10:00〜17:00
場所:カルペディエム
大阪市城東区東中浜3-2-14(下記地図参照)

 
| 緑橋文化祭2013 | 10:06 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!1日目_ねじねじ&石
さて、1日目のワークショップの様子です。

昨年、ホウカゴのメンバーとして「人間あやとり」ワークショップをしてくださった松原佳代さんはバスケタリー作家。今回はソロで参加です!



この「ねじねじ+まきまき」は2つの紐を自分でねじって紐をつくるというもの。手作りのカラフルな紐は作ったら持って帰れます。
普段何気なく目にしている紐、こんな風にできてるんだ!こんな風に作れるんだ〜!と感動。



一人でも、ペアでもできます。ブースにはいろんな紐で作った作品がいっぱい。



女の子たちには、たちには、この黄色×水色のねじねじが人気でしたよ!お気に入りを身につけて帰れるのは嬉しいですね〜

続いては毎年人気のワークショップ「私は宇宙のへそになる」、川本哲慎さんの石に絵を描くワークショップです。
 


絵の具で汚れるので、子どもたちはカラーのゴミ袋ドレスを着てます。ひとつ描くとエンジンがかかるのか、何度も描く子多し。1個目から2個目、3個目と、何も言わないのにいろんな技法にチャレンジしててびっくり!
 


毎年常連の女の子はかなり頼れるスタッフに。
幼稚園生ながら「働くのが好きやねん」と言ってずっとワークショップの手伝いや来場者のサポートをしてました。いやーすごい!みんながあちこち行ってもここから動かず(笑)、ほんとに助かりました。

13日のワークショップの様子は続きます...
| 緑橋文化祭2013 | 21:48 | - | - | pookmark |
今週は♭で!_みどりばしぶんかさい
みどりばしぶんかさいは今週も続く!

明日土曜日(19日13:00〜)は、活版工場を改装したアトリエ「♭」さんで自主制作映画を鑑賞しその映画について語り合う会「シネパラード」があります。
3つの全く違う作品が上映されます。気になる作品目がけて行くもよし、3つのバラエティを楽しむもよし。鑑賞のあとにみんなで話す時間があるので、ひとりで行っても楽しめそう。
更に、セルフビルドで作られたクリエイティブな空間は居心地満点!♭さんが気になりつつもまだ行けてない...という方もこの機会にぜひ。




:::上映予定作品:::

●リムーザン地方のウラン Uraniumu en Limousinティエリー・ラミロ監督
1995年制作
上映時間:36分21秒フランス政府(CEA=フランス原子力庁)は、ボルドーから100kgほど離れたフランス中西部リムーザン地方で、1949年からウラン鉱山の採掘を始めた。この採掘作業はCEAからCOGEMA(フランス核燃料公社)へと移管され、現在鉱山は閉鎖されつつある。しかし、採掘による自然破壊と環境汚染は凄まじいものがあり、放射性廃棄物は生活環境へ放射能を撒き散らし続けている・・・。

●作品1
タイトル:ツクモノキモチ
時間:4'40
制作年:2008
飼われるヒト。食べられるヒト。殺されるヒト。どうでもいいヒト。ツクモの周りには様々なヒトが存在し、生活しています。

●作品2
タイトル:空とぶクマ
時間:4'40
制作年:2010
刻々と変化していく環境、クマは変身して生き続けます。

お問い合わせ:flatinformation1001@gmail.com

イベント詳細は下記まで
http://flat2008.web.fc2.com/index.html
| 緑橋文化祭2013 | 10:23 | - | - | pookmark |
あかりでハプン!1日目_けん玉&紙芝居劇むすび
そし第六回みどりばしぶんかさい「あかりでハプン!」はおかげさまで無事終了致しました。
お天気にも恵まれ、楽しい2日間でした!というわけで、少しずつ振り返っていきたいと思います。
今しばらくお付き合いくださいね。

初日のオープニングは。毎年大人気の「けん玉教室」。
けん玉道5段の中田勝仁さん(奥)と、同じけん玉仲間のバビロンさんの競演です!



子どもはもちろん、久しぶりにけん玉を持つ大人もハマります!なかなか意地になるんですよね〜
そして大技狙いの大人たち。宴会芸にしようとしてる?!



ただ、中田さん曰く、けん玉の大敵はアルコールだそうで...。やっぱり手元の感覚が微妙に狂うそうです。この日は昼間暑くて、燈のスタンドの箕面ビールがたまらなく美味しそうだったんですが、そこは終わるまでグッと我慢!
宴会芸では無理ですね(笑)
 


い​そしてこんな珍しいけん玉も持参いただきました。
左の柄が入ってるのがグアテマラ、右の赤いのがフランスのけん玉らしいです。なんとけん玉はフランス発祥だとか!
 
調べてみるとありました!日本けん玉協会さんの記事。今のところ16世紀にフランスでやっていたことまでは確認されてるようですね。なぜか日本発祥と思っていました...

さて、午後2時からは紙芝居劇むすびさんの紙芝居ライブがはじまりました。
今回の演目は「ぶんぶく茶釜」。



今年のむすびさん、60代のメンバーが加入されたそうでちょっと若返ってます。自己紹介では「むすびでは、60代はまだまだひよこ」とおっしゃってましたね〜。確かに、向かって左の80代のおじちゃんたちはほんとに個性的で、誰にも真似できないいい味出してはるんです。なんでしょうあの素敵な笑顔は...
 


恒例のダンスもとびだしますよ!



最後はみんなで歌って締めくくり。
みどりばしぶんかさいとむすびさんはもう6年のお付き合い。おじさんたちがほんとに真剣に、楽しんで紙芝居に取り組んではるのに感動します。いつまでも元気で続けてもらいたいなぁと思います。
 
では次回は13日開催のワークショップの報告です!
 
| 緑橋文化祭2013 | 09:45 | - | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>