アートパフォーマンス/犬飼美也妃


参加者紹介のトリは、犬飼美也妃さんです。

チラシに説明もなく、サイトにも「神出鬼没」なんて書かれている美也妃さんですが、パフォーマンスアーティストとして国内外で活躍されています。

パフォーマンスって、どんなの?どう見たらいいの?と思う方も多いでしょう。
でも、自己表現として絵を描く人は画家、歌で表現する人は歌手、体の動きで表現する人が、パフォーマーなのです。

今回は、美也妃さんの表現のテーマでもある「すってはいて」のパフォーマンス。個人的にもすっごく楽しみです。その場の空気を見事に自分のものにする美也妃さん、今回はどんな彼女を見せてくれるのでしょう。

犬飼美也妃 パフォーマンス
9日 日曜日 美也妃さんの気持ちの高まりとともにはじまり、終わります。
| 参加メンバー紹介 | 08:50 | comments(0) | - | pookmark |
石が導くあなたの輝き〜クリスタル&オラクルカード占い〜/駿河純子


さあ、参加メンバー紹介も大詰め。
今日は「石が導くあなたの輝き〜クリスタル&オラクルカード占い〜」の駿河純子さんです。

駿河さんは普段、オーラソーマ、マヤ暦、カードリーディング、パワーストーンを使ってクライアントさんの心の深いところにある思いを引き出し、伝えるというお仕事をされています。今回はパワーストーンと、タロットカードから前向きな意味合いのカードばかりを集めた「オラクルカード」を使ってのセッションです。

どなたにでも分かりやすい言葉でと考え、敢えて「占い」という言葉を使ったのですが、純子さんのセッションは、まさに導きなのです。自分の中にある本当の希望、願い、迷い、悩み....そんなことを石を介して教えてくれます。
パワーストーンにはそれぞれ深い意味があり、その名の通りパワーあるそう。キラキラ輝く石を見ているだけでもうっとりなのですが、石たちは強い力を投げかけているのですね。



私も初めてのセッションの時は、自分自身の考えと全く違うことを言われてちょっと衝撃だったのですが、そのアドバイスを受け入れ自分を信じて進んでみると...こんなイベントを企画するまでに変われたように思います。最近ではほぼ人生相談状態になってたりして。
自分の気持ちや考え方って知らず知らずに癖があるんですね。そんな考え方の癖で、本来のあなたの素晴らしい資質が生かしきれてない場合もあるのかもしれません。

最近、心が凝ってるな...と思う人には特にオススメです!

今回は特別に15分からの手軽なセッションをご用意しました。
じっくりお話したい、という方は30分も可能です。

石が導くあなたの輝き〜クリスタル&オラクルカード占い〜は予約優先となっています。(一回1,000円/15分)
ご予約はこちらまで→midoribashibunka☆my.gonna.jp(☆を@にかえて送信してください)

純子さんはGRACEさんという名前で泉南でサロンをされています。ほかにもさまざまなイベントにも参加されているので、興味のある方は純子さんのブログをチェックしてみてくださいね。
| 参加メンバー紹介 | 01:17 | comments(0) | - | pookmark |
フリーペーパー祭り


今日は緑橋文化祭の「フリーペーパー祭り」のご案内です。

世の中にあまたあるフリーペーパー。無料で配布される冊子です。ホットペッパーなんか有名ですよね。自治体や公共機関などが出しているものも、よく駅で見かけます。

そんなフリーペーパーとは全く違う、表現の場としてのフリーペーパーというものがあります。
絵画、小説、エッセイ、自分たちが表現したいアートをすべて盛り込んで発行するというもの。発行部数こそ少なめですが、内容の濃い、珠玉のものが多くて私も大好きなのです。

そんなイチオシのフリーペーパーを集めた「フリーペーパー祭り」。
閲覧はもちろん、お持ち帰りも大歓迎です。

まずはフリーペーパー祭りを開くきっかけになった下向き☆THE☆ダイヤモンド
遠方のチラシよりも役に立たないことを目標に作られている、全てフィクションのフリーペーパー。短編小説やコラム、テレビ欄、ポエムなど、スミのスミまで具がいっぱい。通勤電車の中で笑いをこらえてしまいます。アラフォー世代には特にウケるネタ満載!個人的には「みーむーコラム」が毎回楽しみです。今回はバックナンバーも展示、お持ち帰りいただけます。
編集長のラリーさんも両日参加してくださいますよ!



そして関西のフリーペーパーの老舗的存在である実験アキレス。編集長の勝さんとは、なんと会社がお向かいさんだったという衝撃の出会いでした。シュールな世界の中にもアカデミックな雰囲気ただようフリーペーパーです。「アニワギはかせの2時間目理科」がお気に入りです。こちらもバックナンバー有り。

ほかにも、「文字とアートで人生に彩りを」というコンセプトで作られ、イラストが相当キュートな、pyun(ピュン)、お米や農業をテーマにしたフリーペーパー、rice paper 88など、充実の顔ぶれです。

こちらは1階、フリーマーケット横の文化祭テントに展示しています。椅子も置いてますので、じっくり読むもよし、好きなものを選んで持ってかえるもよし。気分にぴったりあうフリーペーパーを見つけてくださいね。
| 参加メンバー紹介 | 02:00 | comments(0) | - | pookmark |
落枝人形/山中みゆき&ぼち亀
さて、チラシの住所間違いというアクシデントからまだ立ち直れない感じですが、気をとりなおして....

この三連休で、既に搬入が始まっています。
今日は既に搬入を済ませた山中みゆきさんと、ぼち亀さんの紹介です。



山中さんは落ちている枝や木で小さな人形を作られています。一番大きいものでも5〜6cmほど。でも、目や眉毛まで木で作られてるんですよ!それもすごい数です。
そんな、ほんのちいさな小枝人形ですが、ひとつひとつに表情があり、キャラクターがあり、時には名前や職業、さまざまな人生経験なども設定されていて、その全てが物語りになっています。
今回はぼち亀さんの「豆ピン」とコラボで、流木を使った演歌調の楽しい世界になっています。

ちょっとだけご紹介すると....人形の中に演歌歌手がいて、彼が「流れ、流れて緑橋」というレコードを発売してるという設定なんです!
B面は「高井田の女(ひと)」というそう。聞いてみたいです....「高井田の女(ひと)」!!!



ぼち亀さんの豆ピンはそれだけでもものすごくカワイイ!
全て手縫いだそうで、手間のかかる仕事です。ひとつひとつ形が微妙に違うのがいいですね。
この他にもデニムのリメイク小物を展示販売されます。

山中さんの落枝人形は、会場のいたるところでさりげなくあなたを見ています。スタンプラリーも企画中?!是非探してくださいね!
| 参加メンバー紹介 | 13:51 | comments(0) | - | pookmark |
絶叫紙芝居/林加奈+むすび


今日は、絶叫紙芝居のご紹介です。

絶叫紙芝居をしてくださる林加奈さんは、めくるめく紙芝居師であり、画家であり、音楽家でもあり、大学の先生でもあります。

初めて加奈さんの紙芝居を見たとき、そりゃもう度肝を抜かれました。
これは紙芝居、って言っていいのか?
次々に出てくる絵は現代アートそのもの。その語りは絶叫あり、諦観あり、号泣ありで、感情がほとばしります。ストーリィは残酷ファンタスティックとも言うべきシュールさ。
加奈さんの紙芝居は、まさに画家と俳優と脚本、音楽まで自作のパワフルな総合芸術なのです。

この紙芝居、完全に大人向きかと思いきや、これが意外と子供たちも凝視。ストーリィはわかってなくても、音や絵が次々よどみなく出てくるのが楽しい様子。でも、子供たちの世界って結構「残酷ファンタスティック」そのものかもしれませんよね。

そして8日、13時からの公演ではむすびさんたちと豪華2本立て。これは貴重です!!!

むすびさんは日雇い労働者の街、釜ヶ崎を拠点に活動する、平均年齢73歳の紙芝居グループ。なんと、過去に路上生活を経験されている方も多いのです。



おじいちゃんたちの笑顔、いいですよね〜。これ、むすびさんのパンフレットです。先日からほりまちアートで公演されたむすびさんの公演を観てきました。

この日は雨の影響で、公演での紙芝居は延期になるか中止になるか微妙な感じ。その待ち時間におじいちゃんたちとお話させてもらったんですが、もう、おじいちゃんたちの会話だけで可笑しくて仕方ない!



そんなおじいちゃんたち6人が、なんと紙芝居の中の役になりきって演技!!!
おじいちゃん、おさげのカツラをつけて女の子役するんです。この日はオリジナル紙芝居『ぶんちゃんの冥土めぐり』という自虐ネタ?とも思えるお話で、観ている人の笑いを誘っていました。
むすびさんのファンで、なんと滋賀から来られていた方もおられました。一度観たらハマるんですよね〜。

紙芝居アーティスト林加奈さんと、とってもお茶目でかわいいおじいちゃんたちに是非会いに来てくださいね!チケット予約受付中です。

絶叫紙芝居 8日
13時〜 林加奈+むすび 大人600yen,子供300yen(お菓子付)
17時〜 林加奈ソロ  大人300yen,子供200yen(お菓子付)
ご予約はこちらまで→midoribashibunka☆my.gonna.jp(☆を@にかえて送信してください)
| 参加メンバー紹介 | 23:27 | comments(0) | - | pookmark |
言葉と旋律/スキップ同好会


今日はスキップ同好会さんのご紹介です。
8日、16時からの一回公演「言葉と旋律」

::::::::::::::::::::::::::::::::::
心地よい旋律と、その時間だけの言葉でつくることばあそびの会。
「ありふれた毎日に輝きを」
ルールなんていらない。
みんなの言葉が集まったら、そこがスキップ同好会。
::::::::::::::::::::::::::::::::::

言葉と旋律.....実はスキップ同好会さんの公演タイトルを聞いたとき失礼ながら、もうちょっとわかりやすい言い方ないですか?と聞いてしまったのですが…

ひとたびライブが始まると、普段何気なく聞こえてくる言葉が、まったく違う波動で耳に届いてきます。旋律に乗って言葉が押し寄せ、引き、また押し寄せる…。まさに「言葉と旋律」

スキップさんの言葉に合わせて音が響き、目を閉じれば心地よい自分だけの世界にトリップ。詩の語りや歌、その両方をおりまぜた音を届けてくれます。

今回は、言葉担当の竹林良子さんと、音担当の小野あづみさんが来てくださいます。
竹林さんはとても力強く、安定感のある朗読で言葉が単純な音として心に響いてきます。キャリアも長い方なのですが、なんと朗読をはじめられたきっかけはお子さんへの読み聞かせだったそう!
小野さんは「音担当」ということで、言葉の背景になる音を作っておられるのですが、ご自身も過去にゴスペルを歌われてたそうで、物凄〜く歌が上手い!



スキップ同好会さんは羽曳野市のあいあい保育園と、難波千日前・味園ビルのバーMarvinという全く性格の違う2つの場所で定期的にライブを行っておられ、元気な子供たちも、グラスを傾けるおじさまにも言葉を届けています。(写真はMarvinヴァージョンです)
詳しくはスキップ同好会のサイトへ。

そして緑橋文化祭では、物語を届けてくださるそう!
大人も子供も、どなたでも楽しんでいただける内容とのこと。ぜひ親子で、心地よい言葉の調べに浸りにきてくださいね。
入場無料、の貴重な機会です。
| 参加メンバー紹介 | 09:14 | comments(0) | - | pookmark |
気づきの体操/平野あきら


今日はワークショップ、「気づきの体操」をご紹介します。

気づきの体操を教えてくださる平野あきらさんは、優しい微笑の物静かな方で、見た目も存在感も僧のような雰囲気。お話がすーっとアタマに入ってきます。でもこの体操、アタマで考えるのを放棄するところからはじまるのです。「体に力を入れず、意識をしない動き」を、意識的にしてみるという、「自然な身体の動き方を探求する」体操です。

以前、養老孟司さんのお話で、
「水が飲みたい」と思ってコップに手をかけているつもりでも、実は脳から先に運動神経に命令が行っていて、後から「あ、水が飲みたいからコップに手をかけているのだな」と意識をしている、と聞いたことがあります。
「人間は自分で考え、意識して行動しているように勘違いしているけど、実は意識は後追いしている」のだそう。自分の意識が身体を支配してると思っているけれど、実は運動神経の方が早く反応しているんですよね。確かに、咄嗟に飛んでくるボールをよけたり、つまずいてからコケそうになるのを回避したりする時に、いちいち考えていては遅過ぎますよね。意識のない就寝中の寝返りもできなくなってしまう、というと納得します。

「気づきの体操」では、平野さんのやさしい導きでいろんな動きを体験できます。姿勢の組み立て方や呼吸はヨガのようで、力を入れないのに、なぜか力強く動ける所は古武術のよう。
私もこのワークショップを体験したことがあるのですが、普段肉体を使わず、アタマばかり酷使しているバランスの悪い人間はなんだかうまくいかない.....なかなか意識が抜けず、ついつい力が入ってしまうんです。こういうことは、きっと子供さんたちの方が上手なんでしょうね。

仕事で毎日パソコンに向かって運動不足!という方にも、本格的にスポーツをされている方にも、新たな身体の発見がある1時間です。明日からの身体の使い方がかわるかもしれませんよ!

「気づきの体操」ワークショップは両日、計4回行います。
8日は14:30頃からと、17:30頃から。
9日は12:30頃からと、15:30頃から。

一回10名様まで、予約優先となっています。(一回800円/1時間)
ご予約はこちらまで→midoribashibunka☆my.gonna.jp(☆を@にかえて送信してください)
| 参加メンバー紹介 | 09:54 | comments(0) | - | pookmark |
日々と島のねこ/uni


この写真、見覚えありますよね?

そう、緑橋文化祭チラシに使っている写真です。
この写真を撮ってくれたのがuniさん。文化祭のチラシ用にと、オープン前の「燈」で撮った一枚です。
町家って、家の中は薄暗くてひんやりしてて、外の明るさとのコントラストが強い。しかも窓枠や縁側の手すりでもこんな感じの格子が多いので、そんな雰囲気が伝わる写真だなぁ、と思いチラシに使うことにしたのです。
他にもあれやこれや、と言ってたくさん撮っていただいたんですが、結局uniさんがインスピレーションで撮ってくれたこの写真が全てを表してくれていたという感じです。

この場所は....「燈」に来てのお楽しみということで。今はもうちょっと賑やかな感じになってますね。

uniさんは緑橋文化祭でも写真を展示されます。
今回のテーマは「日々と島のねこ」。

彼女の作品をよく知る人には意外かもしれません。なぜならuniさんといえば、花、そして沖縄。uniさんのフォトブログ"プチマンゴー"は美しい花の写真や、大好きな沖縄の写真で彩られています。そもそも沖縄が縁で知り合った私たち、uniさんの島の写真を見ては癒されていた私です。

でもあえて、ここはねこ(笑)。
彼女がどんな風にねこたちに語りかけているか、ぜひご覧くださいね。

そして、uniさんは「2009年カレンダー入りポストカード」を販売されています。



こちらのテーマは"color of island"〜島々の色〜
四季折々の沖縄の島で出会った、自然の色を撮り集めたポストカードだそう。鮮やかな色がまぶしくて、日々元気をもらえそうなカレンダーです。
詳しくはこちらまで→

文化祭のお手伝いをしてくれている、堺・諏訪ノ森のオキナワカフェ、喫茶ハピルでも好評販売中です。
もう来年のカレンダーを買う季節なんですね...文化祭が終わったらなんだか一気に年末が来そうで焦りますが、今しばらくは秋を堪能したいものですね。
| 参加メンバー紹介 | 00:26 | comments(0) | - | pookmark |
書パフォーマンス/大島有香子


今日は、8、9日の両日、書道のライブパフォーマンスをしてくださる大島有香子さんのご紹介。

有香子さんは現代書道家。これまでも野外でさまざまな書パフォーマンスをされています。
有香子さんとは守山野外美術展からの縁。くりくりおめめがキュートな有香ちゃん、しかしその性格は超男前!なのです。力強い書にもそのさっぱりした性格が表れているような気がします。


書パフォーマンスでは、全紙の和紙に一筆で思いっきり文字を描きます。
さすがの筆運び、美しい文字を刻み込んだあとは、なんと希望者の方に書道体験をしていだだけます!(無料です)

まずは好きな言葉、字を一文字選んで発表。
そして、墨をたっぷりつけて、一気に一筆で書きます。
恥ずかしいとか、上手い下手なんて全く関係ありません。集中して、腕を大きく動かして、真っ白な紙に墨で描く.....ただ、それだけ。でも、これがかなり気持ちいい!

私もさせてもらったことがあるんですが、何とも言えずスカッ!とするのです。
集中して書いている間は文字のことしか考えない、からっぽになれるからなのかもしれませんね。

↑ちなみに私が書いた書。

好きな文字を全紙に大きく書くなんて、日常ではまずありえないこと。ただでさえ書道なんて久しぶりなのに、なぜか一度書くと、次また書きたくなる...あとを引く気持ちよさです。

書パフォーマンスは両日とも11時30分から、1階テラスにて。
当日来ていただければ、その場で参加できます。
朝の空気を吸い込んで、おもいっきり文字を書いてストレス解消!なんていかがですか?
書はお持ち帰りいただけます。
| 参加メンバー紹介 | 23:04 | comments(0) | - | pookmark |
脈診/鴨川和人


今日は、8日土曜日に脈診をしていただく、かもがわ鍼風庵の鴨川和人(わひと)さんの紹介です。

まず、脈診とは...
手首の脈を診て、その日の体調や健康状態、体質などを診断する東洋医学の古典的な診察方法です。

脈を診るって、あの病院なんかで看護士さんが診てくれる脈...? 
そう、その脈で実にさまざまなことがわかるのです。脈で?と思うでしょう。それが鴨川さんのような専門家にかかると指先の感覚だけで、強弱だけでなく「浮いてる」とか「流れてる」とか、とにかく千差万別な脈のカタチが見えてくるのだそう。
それだけで体調を言い当ててしまうのですから、本当に不思議。まさに中国四千年の神秘です。

私も何度も受けていますがあまりに当たりすぎて、夜更かしが続いた日なんかは先に謝っちゃったして。なかなか生活習慣が変えられない不真面目な患者でスミマセン。
問診もされるのですが、これもまた面白いのです。私は昔からいろんな色が好きで、特に紺や青の服を好んで着る傾向があるんですが、なんとそれが気質から来るものらしく、指摘されたときはほんとにびっくり!!!


最近、よく耳にするようになった"未病"。
病院に行くほどでもないけど、なんだか疲れやすい...とか眠れない...、悩みが尽きない(心も身体とつながってるのです!)という方には特にオススメです。
自分の身体のことはわかっているようで、実は想像以上にこき使ってしまってる人が多いのです。普段のなにげない不調が、あぁそういうことだったのか!と腑に落ちてもらえることでしょう。日常生活でできるちょっとした体質改善法なども教えてもらえるので、かなりお得な内容です!しかもお灸8個プレゼント!!

脈診は予約優先となっています。(一回500円/30分)
ご予約はこちらまで→midoribashibunka☆my.gonna.jp(☆を@にかえて送信してください)

高石市にあるサロン・かもがわ鍼風庵では鍼灸を使った本格的な治療もされています。
また、10年間で1万人の脈診をすることを目標に、さまざまなイベント会場で積極的に脈診活動を行われており、緑橋文化祭の前では、10月25、26日に京都で「第4回 和・∞・WA!コンベンション」というイベントにも出店されるそうです。詳しくは、鴨川さんのブログ和人と風へ!
| 参加メンバー紹介 | 11:03 | comments(2) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>